2017年5月8日(月)・9日(火)

国内最大のUnity開発者イベント

Unite 2017 Tokyoは、Unityユーザーのためのテクニカルな講演やブース出展が数多く行われる、国内最大のUnityカンファレンスイベントです。Unity本社からゲームエンジンを開発している精鋭スタッフも来日し、Unityの最新機能解説をはじめ様々な講演が行われるほか、展示ブースエリアはさらに拡大。

ゲームのみならず、幅広い業界からUnityに関わりのある企業様に数多くご出展いただき、Unity開発者業界の最先端をご体感いただけるイベントとなります。Unity開発シーンの最先端を、Unite 2017 Tokyoで体感してください!

【広告】ゲームプログラマー募集

DeNAは、ネイティブゲームアプリ開発を始めてから、『面白くて高品質なゲームをつくる』を目標に、技術力・開発力を積み上げて来ました。 今後もユーザーの生活にプラスとなる遊びや体験を提供し続けたいと思っており、ゲームプログラマーを積極採用しています。

ゲームプログラマーのインタビューや、オリジナルゲームエンジン、ミドルウェアやツールについて、またゲームクリエイター向けのイベント情報などを以下のHPにてご紹介しているので、是非一度覗いてみてください。

DeNAのHPはこちら

基調講演ライブ配信

5月8日(月)10:00-11:00に基調講演のライブ映像配信が行われます。

ライブ配信を見る(日本語)

Live Streaming Video (English)

 

Unity Meetupアプリ

イベントに便利なUnity Meetupアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロード(iOS 8以降)

ダウンロード(Android 5以降)

出展ブース一覧公開

出展ブースの一覧を公開しました。

詳細を見る

ランチタイム・トークセッション

ランチタイムに、会場内の特設Roomにて業界で活躍する著名なクリエイター総勢12名を招いてのトークセッションを行います。

DAY1:すぎの ひろのり、坪倉 輝明、岡田 隆志(株式会社ココノヱ)、神田 竜(backspacetokyo)、比嘉 了(backspacetokyo)、Saqoosha(dot by dot inc.)

DAY2:一條 貴彰(Back in 1995)、大貫 真史(ACE OF SEAFOOD)、大橋 伸乃介(Missileman)、Sotaro Otsuka(TIME LOCKER)、ところにょり(ひとりぼっち惑星)、山本 勇太(Strange Telephone)

詳細を見る

モバイルゲームマネタイズ円卓会議

会場内でマネタイズについて議論するためのラウンドテーブルを開催します。

詳細を見る

タイムテーブル公開

講演タイムテーブルを正式公開しました。

講演タイムテーブルを見る

インタビュー記事を公開

協賛各社による、UnityやUniteに向けたインタビュー記事を公開しました。

インタビュー一覧

Unite Partyチケット販売開始

DAY1(5月8日)に懇親会を開催します。チケットご購入はお早めに!

チケット購入

『HoloLens』アプリ開発が学べるトレーニングデイ

「HoloLens」アプリ開発を学ぶことができる、日本マイクロソフト公式のワークショップを4月23日(日)開催します。HoloLens開発者としての第一歩を踏み出そう!

チケット購入

講演情報を一部公開

Unity海外チームの講演を中心に、いくつかの講演を新たに公開しました。

講演一覧

ボランティアスタッフ募集

Unite 2017 Tokyoではイベントをお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集しています。

期間中、運営や設営・撤去作業のお手伝いをお願いいたします。特典として全ての講演を聴講できる「2DAYS フルカンファレンスパス」と「特製スタッフTシャツ」をご提供いたします。イベントDAY1、DAY2で各6時間お手伝いいただき、残りの時間を講演聴講や出展ブース見学に充てる形となります。ご興味のある方はぜひお申込みください!(※お申込み多数の場合は抽選となります)

お申込み(締切:4月14日まで)

公式Webサイトオープン

Unite 2017 Tokyo 公式Webサイトをオープンしました。

会場は3,000名超の収容規模を誇る東京国際フォーラム

  • 2017年は会場を東京国際フォーラムへと移し、2日間で延べ6,000名規模の来場者を予定しております。
  • ゲームやVR/ARの出展ブースを中心に、Unityを扱う様々な業界の最先端のコンテンツや製品、開発事例が展示され、Unityユーザーとの知見の共有やコミュニケーションが図られます。
  • 会場:東京国際フォーラム(JR有楽町駅から徒歩1分、JR東京駅から徒歩5分)

昨年のUnite 2016 Tokyoで注目を集めた講演

2日間で39におよぶ講演、4つのワークショップが行われ、延べ3019名の来場者と、54名のメディア関係者、186名の懇親会参加者が集まりました。

基調講演

ハードウェア性能を引き出して60fpsを実現するプログラミング・テクニック

Unityを使った個人ゲーム開発における「収益化」の現状と未来

モバイル端末向けのUnityアプリケーションの最適化実践テクニック

Platinum sponsors

Gold sponsors

Silver sponsors

Bronze sponsors

Made with Unity sponsors

Asset sponsors

Book sponsors

PC supply sponsors

Unityを検索

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.